妊娠3か月10W・つわりで会社を休む期間はどれくらい?、という記事のつづきです。

その後。

11W6D、妊娠3か月のときに、前回の総合病院とは別のところにある呼吸器科へぜんそくの薬をもらいに行くことになりました。

ふだんは呼吸がしづらくなったときにだけ薬をもらいに行くのですが、妊娠中ということや、アラフォー妊婦ということもあり、いちど呼吸器科へいき主治医の先生と相談するようにと、出産する産院で指導をされたからです。



広告



妊婦とぜんそくのこと

ぜんそくというと驚かれる人も多いかもしれませんが、あるいみ軽いアレルギーのような感じで、普段から大事にいたらないように気を付けていれば、生活が大変になるほど症状がひどいぜんそくになることは無いようです。

わたしのばあいは、ちょっと気管に違和感をかんじるというか、呼吸がひっかかかるような状態になると、すぐにぜんそくのお薬をもらいに行くので、いつも大事になることもなく、軽い症状だけで済んでいました。

ですが。

今回は、アラフォー妊婦ということもあり、妊娠出産がはじめてなので、どのようにぜんそくと付き合うかの相談が事前に主治医と必要だとの産科からの指導がありました。

妊娠中のぜんそくが大変というよりも。いざ、出産となったときに、ぜんそくの症状(いわゆる発作と呼ばれている状態)が出ることのほうが、大変だというワケなんですね。

そのような理由から。

妊娠中の今げんざいでは、特別にぜんそくの症状が無いのですが、呼吸器科をいちど受診することとなったワケなんです。

妊婦なので、ぎゃくに別の風邪などをうつされそうで、そちらのほうが気になって仕方ありませんでした。

ですが。

ぜんそくを妊娠中に出してしまうと、やはり体は苦しいし大変なので、その前に呼吸器科を受診するのは仕方ないことなんですけどね。

妊婦とぜんそくのこと

呼吸器科の診察は予約制なので、総合病院へついてから、ほどなくして診察となりました。

主治医の先生にアラフォーで妊娠したことを伝えると、「よかったですね」と、笑顔で言ってもらえました。

それで。

先生が言うには、やはり、妊娠中にぜんそくの薬を入れておいたほうが安全だと言うワケなんですね。

わたしが妊婦だったそのときに使っていたぜんそくの薬は、パルミコートというものです。

予防を兼ねて、体調のいいときでも夜に1回だけ吸入しましょう、ということに、なりました。

妊婦にぜんそくの症状がでると、お腹の中にいる赤ちゃんが、酸素不足の酸欠になってしまうおそれもあるとのことでした。

ですので。

出産のときに症状が出ないことも大切ですが、妊婦のときにもぜんそくの症状を出さないようにしないといけないそうです。

ぜんそくの妊婦は出産のときは総合病院を選びましょう

わたしが総合病院の産科すすめられたときの記事は、こちらです。

アラフォー妊娠初期・出産の記録をブログに書こう

わたしはアラフォーでの出産ですが、年齢に関係なく、ぜんそくのある妊婦さんは出産のときは総合病院を選ぶといいそうです。

そうでないと。

出産するときに万が一、ぜんそくの症状がつよくでたら、さいあく救急車で搬送ということになる可能性があるそうです。

安心して出産するためにも、総合病院がおすすめです。

たまごクラブで妊娠のことを勉強してみましょう!

わたしが妊娠してすぐに買った妊婦雑誌はたまごクラブですが、初めての妊娠だったので本当に勉強になること、知らなかったことばかり載っていました。

妊娠の症状について前もって知っておくことで、無駄に不安になることも無くなります。たまごクラブなどの雑誌を読んで勉強しておくといいですよ。

そんなたまごクラブですが、楽天マガジンというサイトへ登録をすると1か月だけ無料で見ることができます。

たまごクラブの他、ひよこクラブも見ることができるのでお得です。下記の写真が見ることのできる雑誌の一部です。この他にも多くの雑誌がみることができ、その種類がおよそ200種類ほどです!。

料理の雑誌なども見ることができるので、料理アプリ並みにとっても便利です。

【PR】初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題

楽天マガジン